CDR6275

Michio SHIRAISHI Official Site

umeshuのコンパイルメモ

東邦大学理学部情報科学科 白石路雄
最終更新: 2013-04-28

 umeshuをVisual C++ 2012でコンパイルしてみる。

 boostをインストールする。C:\boostなどに展開して、bootstrap.bat && c2.exe。

 Eigenをインストールする。C:\eigenに展開する。

 CMakeをインストールする。

 umeshuのCMakeList.txtに次の2行を追加して、Visual Studioのソリューションファイルを作る。

set(Boost_USE_STATIC_LIBS ON)
set(Boost_USE_MULTITHREADED ON)

 Boostのライブラリのパスを設定。C:\boost\stage\libとか。

 Predicates.cppの先頭で、

#define random rand

 notとか分からんと言われたら、そのファイルの先頭で #define NOT !

 typedef typename coordinate_type::type ct; で怒られるので、ここをコメントアウトして、それから先でctになっているところを、coordinate_type::typeと置き換え。