CDR6275

Michio SHIRAISHI Official Site

CGALをVisual C++ 64bitでインストールしたメモ

東邦大学理学部情報科学科 白石路雄
最終更新: 2014-04-16

 CGALをVisual C++ 2012 64bitでインストールしてみる。

 boostをインストールする。C:\boostなどに展開して、bootstrap.bat && b2.exe --build-type=complete --address-model=64

 CMakeをインストールしておく。

 CGALのサイトからCGAL-4.4-Setup.exeを取ってきて展開。CMakeにかけるときに「Visual Studio 11」ではなく「Visual Studio 11 Win64」を選択して、Configure→Generate。CGAL.slnができるのでコンパイル。

 プログラムを実行するときは、PATHに「C:\CGAL-4.2\bin」「C:\boost\stage\lib」を追加して、dllを探しに行くようにする。