CDR6275

Michio SHIRAISHI Official Site

プログラミングC/プログラミング演習C (2017 Spring)

目的

 オブジェクト指向の考え方を身につけ、Java言語を使ってクラスを使ったプログラムを書けるようになることを目標とします。

教科書・参考書

 中山清喬, 国本大悟, スッキリわかるJava入門 第2版, インプレスジャパン.

スケジュールと資料 (パスワードはおたずねください)

第1回(4月13日):Java言語の基礎:式と演算子、条件分岐と繰り返しを利用したプログラミング手法について復習する (教科書 第1章~第3章)
資料, 課題の解答例
第2回(4月20日):Java言語の基礎:配列を利用したプログラミング手法について復習する (教科書 第4章)
資料, Nikkei.java(右クリックで保存してください), 課題の解答例(講義終了後から見られます)
		// 4.
		int buyIndex = 0;
		int sellIndex = 0;
		double diffmax = 0.0;
		for (int i = 0; i < dates.length; i++) {
			for (int j = i+1; j < dates.length; j++) {
				double diff = prices[j] - prices[i];
				if (diffmax < diff) {
					diffmax = diff;
					buyIndex = i;
					sellIndex = j;
				}
			}
		}
		System.out.println(dates[buyIndex] + "に買って、" + dates[sellIndex] + "に売ると、" + diffmax + "円儲かります。");
// 実行結果
// 2016年6月24日に買って、2016年12月20日に売ると、4542.509999999998円儲かります。
第3回(4月27日):Java言語の基礎:メソッドを利用したプログラミング手法について復習する (教科書 第5章) 
資料, Tepco.java, Tepco2.java, ArtistData.java, KaraokePad.java(右クリックで保存してください), 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第4回(5月18日):Java言語の基礎:複数クラスを利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第6章)
資料, Lecture4.zip(右クリックで保存したのちに展開してください。展開の方法が分からない人はこちら(NEC LAVIE公式サイト)を参照してください), 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第5回(5月25日):オブジェクト指向言語:オブジェクト指向の概念、および、それに基づくシステムの対象領域の分析手法を学ぶ (教科書 第7章・第8章)
資料, VendingMachine.java, VendingMachineMain.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第6回(6月1日):オブジェクト指向言語:オブジェクト指向の概念、および、それに基づくシステムの対象領域の分析手法を学ぶ (教科書 第7章・第8章) (演習)
資料, Register.java, RegisterMain.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第6回に、第5回の復習を入れたので、以降の予定が変更になっています!
第7回(6月8日):オブジェクト指向言語:コンストラクタなどのクラス機構の概念、および、それらを利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第9章)
資料, TwitterMain.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
今年度は、中間試験に代えて中間レポートを課しますので、以降の予定が変更になっています!
第8回(6月15日):オブジェクト指向言語:カプセル化、および、カプセル化を利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第10章)
資料, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
中間レポートについては6月22日の講義の際に説明します。
第9回(6月22日):オブジェクト指向言語:継承、および、継承を利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第11章)
資料, TestSuite.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
中間レポートの課題を公開しました!課題
第10回(6月29日):オブジェクト指向言語:抽象クラスとインターフェース、および、それらを利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第12章)
資料, ShapeTest1.java, ShapeTest2.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第11回(7月6日):オブジェクト指向言語:多態性、および、多態性を利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第13章)
資料, Lecture12.zip(zipファイルになっていますのでかならず展開してください)
第12回(7月13日):Java言語を利用したシステム設計と構築:例外処理、および、例外処理を利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第15章)
資料, ExceptionSample.java, SuperVendingMachineMain.java, SuperVendingMachine.java, SuperVendingMachineException.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第13回と第14回の内容を入れ替えました。
第13回(7月18日):Java言語を利用したシステム設計と構築:ファイル操作、ネットワークプログラミング、および、データベースを利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第16章)
資料, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第14回(7月20日):Java言語を利用したシステム設計と構築:Java言語の標準クラス、および、標準クラスを用いたを利用したプログラミング手法を学ぶ (教科書 第14章)
資料, DateCompare.java, 課題の解答例(講義終了後から見られます)
第15回(7月27日):期末試験、授業内容の統括とまとめ